チニングとは?クロダイ・キビレはルアーで簡単に釣れる!チニングの基本知識を公開中です

黒鯛ルアー!チニング攻略[feat.釣活]

タックル 攻略法

ワームで攻略するキビレ、クロダイ用仕掛け

更新日:

クロダイイメージ
自分の中で最終手段とも言えるのがワームでのチニング。

ルアーのようにアピール力は無いが非常にナチュラルでほぼ餌として違和感なく口を使わせることが可能な仕掛けである。

また、根がかりしてもルアーのように何百円もするものではないので多少ダメージが小さいのもこのワームの釣りのメリットの一つ。

ラバージグのようなアピール力はないがチヌの魚影が濃い場所ならワーム単体での釣りに分があるので知っておいて損はない。

このページではそんなワームによるチニング仕掛けをご紹介する。

→仕掛けの基本的な使い方はこちらのページで(ラバージグ編)

スポンサーリンク

テキサスリグ仕様

テキサスリグは簡単で使い勝手が良い。

バレットシンカーと呼ばれる中通しのシンカーを使用して、針はチヌ針でもバス用のオフセットでもワームに合わせて使用すれば良い。
2インチや3インチのワームだとチヌ針がぴったりだろう。
テキサスリグのチニング仕掛け

チニングワーム付け方
※シンカーはタングステンの3〜7グラム、針は管付きのチヌ針の5号か6号を使用。

タングステンのシンカーを使うと底質が手に取るようにわかるため根がかりしそうな雰囲気を事前に察知することも可能。そして岩と岩の間に挟まっても非常に硬質なため食い込みにくく、ロッドを何度も振れば外れる事が多い。

リーダーレスダウンショット仕様

icon
これが根掛かり回避能力抜群!オフセットなのでスーパー根掛かり地帯でもそう簡単には根掛かりしない。フッキングは多少落ちるが送り込んで合わせればまず問題なくかかる。

オフセットフックは軸が細いためチヌがかかると硬い口で曲がってしまうことが多いのがデメリット。どうしても根がかりが多すぎるという場所で使ってみると良いかもしれない。

ちなみに、こういった専用の仕掛けを購入しなくても、小さめのスナップにナス型重りとオフセットフックを付ければリーダレスダウンショットは簡単に作れる。動きもちゃんとした既製品と同じように動き、よく釣れるので私はその仕掛けで釣りをしている。

ナス型重りは細いタイプが根掛かりしづらい

更にこの仕掛けにはメリットがあって重りや針がすぐ変更出来ることとルアーに付け替える時もいちいち結びかえる必要が無いこと。とにかく便利。

ワームでのチニングにマッチするワーム紹介

チニングにベストマッチするワームを紹介していく。

チニングトップバッターはこのワーム


ダイワ・ダックフィンバグ
素晴らしいアピール力と食わせる力を持つワーム。耐久性も良く、トップバッターはこのワームになっている。トップバッターだけで一日釣れ続くことも。

脚の多さは波動の多さ

icon
エコギア・バグアンツ
実績抜群!根魚からブラックバスまで何でも釣れる最強ワーム。釣れる理由は脚の多さで一本一本から生み出されるその波動はまさにエサの動きそのもの。

icon

一口サイズの食わせ系ワーム

ジャッカル・ちびチヌムシ
一口サイズの小さなシルエットでベイトがフナムシならこいつが効く。魚のサイズが小さくて中々乗らない時に使ってみたいワーム。

もはやエサ、最終兵器は生分解性ワーム

バークレイ・サンドワーム
ほぼ反則とも言える味つき匂いつきの生分解性ワーム。イソメ系に反応がいい時があるのでバリエーションとして必要。

おまけ・チニングで釣れた意外な外道

長崎に行ったとき、港の岸壁際でクロダイを見つけたのでこの仕掛けを投入してみた。すると思いもよらないような魚が釣れたのでご紹介。

ガシラ(アラカブ・カサゴ)

ガシラの画像
ガシラは底にいてルアーでも時々釣れる魚だけどびっくりするくらい大きなサイズが釣れる。サイズ狙いの時はこの仕掛けがよさそう。

真鯛

真鯛の画像
まさかこのサイズの真鯛がフェリー乗り場で釣れるとは思っていなかったので驚いたがこの仕掛けは何でも釣れてしまうという証明になった。

おすすめ記事

1

数年前はチヌを狙う人はまだまだ少なくて手探りで他のタックルを流用しつつ釣ることが多かったのだが、段々とチニングをする人が増えてどういうタックルがチニングにマッチするのかがマッチするのかが解明し始めてい ...

-タックル, 攻略法

Copyright© 黒鯛ルアー!チニング攻略[feat.釣活] , 2018 AllRights Reserved.