チニングとは?クロダイ・キビレはルアーで簡単に釣れる!チニングの基本知識を公開中です

黒鯛ルアー!チニング攻略[feat.釣活]

アイテム タックル

おすすめチニング用リール紹介

更新日:

リールイメージ
今現在のクロダイ釣りのメインは夜釣りの底釣りなので繊細なバイトを取れるスピニングタックルがメインになる。

ただ、最近は技術の進歩から非常に軽いルアーを扱えるベイトタックル(ベイトフィネス)が生まれチニングでもベイトフィネスの釣りが活躍し始めている。

おすすめスピニングリール

今売られているスピニングリールはどれも非常に性能が良くなっていてトラブルも一昔前に比べると圧倒的に減っていて使い心地も比較的低価格なモデルでも何ら問題なく使えるレベルになっている。

それでも長く使ってくるとリールによって違いははっきりとしていてドラグ性能(ラインがスムーズに出ていくか?)とかスムーズな巻き心地かどうかが明らかに違ってくる。

チニング用のリールとしての注意点は剛性が強いかどうか?と軽いかどうか?

高剛性のリールは強烈な引きに耐え強引にやりとりすることも出来る。やわなリールだと歪んで巻けないこともあるのがクロダイの引き。軽さは感度と直結するので出来る限り軽いと感じるリールがよい。相反する強さと軽さのバランスが重要。

私のおすすめするリールは下記のレベルのリール。

シマノ(SHIMANO) 16 ストラディックCI4+ C2500HGS

何の釣りに使っても優秀なのがこのリール。カーボンボディーの軽さとHAGANEギアが売り。シマノのギアは強くてクロダイの強烈な引きに向いている。ドラグ性能もグッド。

icon

ダイワ(Daiwa) 14カルディア 2506

軽さを追求しながらも高剛性のカーボンリール。リールが軽ければ感度も上がる。巻き心地の滑らかさも素晴らしく快適性が高い。
レビュー記事はこちら

icon

おすすめベイトリール

ベイトフィネスを選ぶ上でのポイントはタックルの軽さ。繊細なアタリを取る上でタックルの軽さは重要でショートバイトを取るなら軽いリールを使う事が大事。
あとは夜釣りでもトラブルが少ない扱いやすさや飛距離などにも気をつけて選びたい。

おすすめしたいのはシマノのブレニアス。ソルト専用のベイトフィネスリールで自重わずか200グラム。とにかく軽いのだがアルミボディーで高剛性とチニングに理想的なリール。

私が使っているのはシマノのアルデバラン。非常に使いやすく十分にパワーもあるこのリールはチニングでも大活躍してくれていて飛距離的にはスピニングタックルに及ばないものの現状私のチニングメインタックルにするほど気に入っている。

その他のおすすめチニングリール

ダイワ・アルファスSV

ダイワのベイトフィネス用リールで自重175グラムと非常に軽い。マグネットブレーキは小さいルアーを遠くへ飛ばすのに向いているブレーキシステムでSVスプールはトラブルがとても少ないことで評判のいいスプール。繊細なベイトフィネスのチニングにマッチしたリールと言えるだろう。

アブガルシア・REVO ALC

自重141グラムとトップクラスの軽さを誇るリールであり、ソルト対応ということでチニングにもベストマッチする。このスペックでこの価格を実現できるのはハイコストパフォーマンスが魅力のアブガルシアだからこそ。

おすすめクロダイルアーゲームライン

クロダイのルアー釣りで重要なのは50センチ級の魚を確実にしとめることの出来るライン。クロダイの引きは尋常ではない。50センチクラスになると竿が折れるのではないかという恐ろしい竿の曲がり方になる。これに加えて歯がすごい。アタリと同時に仕掛けごとぶち切られることもしばしば・・・。バス用と同じでは厳しいので、エギング用に近いセッティングになる(流用可)。

具体的に書くと、メインラインはPEラインの0.8号以上を使用し、リーダーは2号以上。大型が多いところだと3号をリーダーの先に20センチほど接続するのもいい。チヌは神経質で細いハリスのほうがよく釣れるというのは昼間の話で夜なら基本的に太くても釣れる。

ベイトフィネスタックルの場合はPEラインではなくフロロカーボンライン6〜8LBを使う。私は7LBのフロロカーボンラインを巻いているがリーダーが不要でとてもストレスなく釣りが可能。

メインライン


メインラインのPEとして最高なのがこのライン。初期投資としては高いと感じるかもしれないがPEラインは基本的に1年くらいは使えると考えるとこの値段なら安いと感じる。色々なPEラインを使ってきて多くの人が辿り着く理想のPEライン。
シマノ(SHIMANO) PowerPro
PEラインで中々使い勝手の良い強い製品がこのパワープロ。コーティングは好き嫌いが別れる部分だが強さは間違いない。コストパフォーマンスも魅力。

リーダー

シーガー・グランドマックス
フロロでやわらかくて強い。エギングのリーダーと同じでかまわない。

ベイトフィネスの場合

サンライン・FCスナイパー
バス用で有名な高性能フロロカーボンラインはチニングでも非常に優秀で多少の根ズレぐらいなら問題なく強引なファイトが可能。トラブルも少なく扱いやすい。

おすすめ記事

1

数年前はチヌを狙う人はまだまだ少なくて手探りで他のタックルを流用しつつ釣ることが多かったのだが、段々とチニングをする人が増えてどういうタックルがチニングにマッチするのかがマッチするのかが解明し始めてい ...

-アイテム, タックル

Copyright© 黒鯛ルアー!チニング攻略[feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.