チニングとは?クロダイ・キビレはルアーで簡単に釣れる!チニングの基本知識を公開中です

黒鯛ルアー!チニング攻略[feat.釣活]

タックル

おすすめチニング用ロッドを紹介

更新日:

ロッド説明図

チヌに使えるロッドを少しご紹介することにする。
チヌはサイズは50センチまでであることの多い魚である。50センチを超えると年無しと呼ばれランカーサイズである。

サイズとしてはシーバスなどに比べ小さいのだが引きは本当にすごい。40センチのチヌでもシーバスの60センチクラスと同じくらい引く時がある。
体高の高さが引きを倍増させるのだ。

そしてチヌの特徴として挙げられるのが口の固さ。このアゴをうまく捕らえてランディングに持ち込むことも重要である。

おすすめチヌルアーゲームロッドはこちら

スポンサーリンク

チヌ用ロッドの選び方

ロッドイメージ

チヌを釣る上でロッドに何が求められるか・・・それが一番重要である。

チヌを釣るうえで必要な要素は、バットのパワー竿先の繊細さ感度取り回しのよさ・長さ・軽さなど。

それぞれについて解説していく。

バットのパワー

バットというのは竿の手元に近い太い部分のことである。
チヌという魚を釣ってみて気づくのが歯の硬さ。まるでペンチのようなあごをしているためフッキング(針掛り)させるのが難しい。そこでそれに対処するためにある程度の硬さが必要になる。

それに加えて引きの強さ。体高の高さは引きの強さに比例するといってもよく、チヌの引きはその体高からもたらされる。それだけに強烈なのである。
弱い竿だとのされて寄ってこない。次第にラインが弱り切られることになる。
力負けしないバットのパワーがあれば悔しいバラシも減らせる。

竿先の繊細さ

チヌという魚の餌の食い方もロッドを選ぶ重要な基準となる。

どういう食い方をするのかというと丸呑みするときよりもガリガリと小さな口で少しづつかじって食うことが多い。特にワームを使ったような底の釣りをするときはアタリがあっても乗らないということが頻繁に発生する。

あたりが有るのに坊主ということになるのはロッドが悪いからだ。魚のサイズが小さいと本当に乗りにくくなるのでこれは重要な要素だ。

アタリはあるのに乗らないことが多い時はソリッドティップの竿がオススメ。

チューブラーの竿の人と一緒に行ったときのあの全く話にならない感じは忘れられない。
コルキッシュで釣ったキビレ
やはり道具は重要である。

私のクロダイ用の竿はメジャークラフト・コルキッシュで、ソリッドティップになっている。
感度はやや落ちるのでPEライン必須だと思うが釣果は抜群で満足している。

感度のよさ

感度が良い竿とはどんな竿か?それはカーボン製のファーストテーパーの竿になる。
先調子の竿のことである。

あと感度を高めるためには軽いというのは重要な条件。

感度が上がれば非常に小さいアタリも取ることが出来るようになり魚の居場所発見が容易になってくる。もちろんフッキング率もアップする。

取り回しのよさ

これは場所によるが、根が荒い場所や港湾部のストラクチャー狙いの場合、取り回しが良くないとすごくやりづらいことがある。

ポイントにもよるがチヌは結構引きが強くやり取りが下手くそだと走られてストラクチャーに潜られたりする。上手くクロダイを誘導して釣り人優位にファイトするためには取り回しの良さがとても重要な要素になるのである。

どんなロッドが取り回しがいいのか?というと軽くて短いロッドが一番取り回しがいい。ただ、短すぎるとストラクチャー回避能力が下がるのである程度の長さは必要ではあるが。9フィートなどの長さがあると取り回しが悪くなるためあまりストラクチャーの多い場所ではオススメできない。

長さのもたらすメリット・デメリット

長さは飛距離を稼ぐ面でも、やり取りで引きを受け流す面でもメリットとなる。やり取りでタメを作れるのは長い竿の大きなメリットで大型のチヌの強烈な引きを受け流せるとバラシも減る。
チヌは引きが強いのでこのメリットは重要だと思う。

ただし、長さが長いとストラクチャーを繊細に攻めることが難しくなる。そして重くなるためアタリへの対応も遅くなる。大河川の河口や砂浜などの大規模な場所ではあまり影響を受けないが運河や港湾などでは非常にマイナスになる。

長い竿と短い竿のメリットデメリットのバランスを考えながら自分に合った竿の長さを決めてほしい。

他の魚種のロッドを流用する場合

クロダイ用ロッドを選ぶ上でどういう竿を選べばいいかは黒鯛専用ロッドが一番だろうと思うが、他の魚種のロッドを流用すると考えるとファーストテーパーであるエギングロッドは比較的繊細な竿先をしていてシーバスロッドよりチヌゲームに向いていると感じる。

しかし、もっとすばらしい黒鯛用ロッドがブラックバス用ロッドであると感じる。
ブラックバス用ロッドはほとんどが先調子に作られているので、繊細なアタリを取る釣りに向いていると言える。

さらにバットのパワーも必要十分で黒鯛の強烈な引きにも問題なく対処できる。ブラックバスのワーム用スピニングロッドを持っているならそれを使ってみることをオススメする。クロダイの引きは強烈なのでバットから曲がり相当スリリングだが今のカーボンロッドはそう簡単には折れないので安心して欲しい。

おすすめチニング・クロダイルアー用ロッド

チニング専用ロッドが各社から出ているのでそれも紹介。

メジャークラフト KGライツ クロダイゲーム モデル

メジャークラフト N-ONE(エヌワン) NSL-782ML黒鯛
icon
クロダイ専用に作られた高性能ロッド。トップウォーターの釣りからボトムの釣りまで対応するバーサタイルモデル。チニングを始めるならこのロッドからが良いだろう。

アブガルシア ソルティーステージ KR-X 黒鯛

アブガルシア(Abu Garcia) Salty Stage(ソルティーステージ) KR-X 黒鯛SKS-782PL-KR

アブのコストパフォーマンスは海外メーカーの強み。このレベルの竿がこの価格で提供される素晴らしさを感じずにはいられない。見た目も今風でかっこいい。

ダイワ・INFEET CN

ダイワ(Daiwa) INFEET(インフィート) CN77M
icon
ダイワは近年チニングに力を入れていてルアーもたくさん発売しているがロッドも何種類か発売している。その中でも入門者向きのこのロッドではあるが十分な機能性を持っており入門から中級者まで満足のスペックとなっている。

ベイトフィネスもおすすめ

ベイトフィネスイメージ
バスフィッシングや最近ではソルト専用のベイトフィネスが出てきている。ベイトフィネスというのはベイトリールを使って繊細な釣りを可能とするタックルのことでタックルの進化によって2g程度の軽量ルアーがベイトタックルで使用することができるようになっている。

チニングにおすすめのベイトフィネスロッド

アブガルシア(Abu Garcia) ソルティーステージ KR-X ベイトフィネスカスタム
ソルト用のベイトフィネスロッドでチニングにベストマッチと言っても良いようなロッド。アブガルシアはパーツの作りもよくコスパが高い。

ちなみに私が使っているベイトフィネスタックルはシマノのポイズン・アドレナ。バス用だがチヌでも全く問題なく使用でき運河のちょっとしたポイントではベストの使いやすさ。

NEXT→おすすめチニングリール

-タックル

Copyright© 黒鯛ルアー!チニング攻略[feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.